便利なアプリ・支付宝&微信マネー

中国は、電子マネーかなり普及していて、これになれちゃうと本当に現金使うのがめんどくさい。
お店でのお買いモノ、ウェブ上でのショッピングはもちろんのこと、
お友達とランチのワリカンとか、本当に便利でスマート!

私の場合、支付宝(Alipay)を使えるようになるまで実は一苦労あったのが事実。
最初から誰か日本語わかる中国人の人にお願いすればよかったのに、ネットで古い情報などを寄せ集めて
失敗に失敗を重ね、なんとかできたときにはかなりの達成感!笑

まずは最寄りの銀行にいって、ウェブ専用の少額だけいれておく口座を作りにいき、
その後試行錯誤で登録。結局みんな一番つまづくのが、実名登録のところということらしい。

こういうウェブ上の登録画面とか、しょっちゅう変わるので今はまたかわっているかもしれないけど、
まず、外国人でと登録するという項目が確かあって、そこに進みそのあと名前の表記が漢字かアルファベットか、
名前がさきか苗字が先か、をクリアできれば、パスポート番号を入れるところまで進むので、
そこを間違えなければ完了!の!はず!
その後は、各アプリで支払い方法を支付宝と紐づけできれば、もう買い物天国!デリバリー天国!

実際のお店での支付宝での支払いは大きく2通り。
①自分の支付宝のバーコードを表示させて、お店のバーコードリーダーで読みこんでもらう
②お店のバーコードを支付宝のアプリでスキャンして、その後値段を手打ちしてから支払う

支付宝のアプリ上で、月々の出費を確認できたりもするので、
支払いをこれでまとめてしまえば、出費の内訳等々家計の管理もできてしまう!

そうそう、銀行口座作る時にかならず登録しておきたいのが、短信のサービス。
お金をおろしたりいれたり口座に動きがあると、スマホに短信が送られてるくるというもの。これは本当に便利で安心。
電子マネーとかちょっと不安、、、と思っていたわたしも、こちらに来てこれだけたくさんの人が使ってるし大丈夫だろう、
と思ってきたものの、何があるかわわからないので、リアルタイムで口座の動きが確認できるとわかるとちょっと安心!

Wechatの電子マネーも、支付宝と殆ど同じ。
日本でアプリをダウンロードした場合、最初は使えないこともあるとか。
その場合には、まず知り合いからいくらか送ってもらう。それを受け取ることで、
wechat moneyの機能が使えるようになるそう!
wechatの方が、外国人の人でも使ってる人が多いので、ワリカンのときとかはこちらが使えると便利!

wechatの方は、基本的には銀行口座からまとめていくらかチャージするという方式。
そのチャージ分がなくなったらまた口座からチャージ。
支払い時にチャージが足りないときは、口座から自動的に補充されるとか?

でもなるべく支払い方法はメインをどちらか(wechatか支付宝)にきめておくと、支出を把握できるからいいのかな?と。

参考記事:

広州生活必須アプリ①

広州生活必須アプリ②

広州でバスにのるのに必須なアプリ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です