広州のマンション 良い所&悪い所

前記事で広州のマンションについて少し紹介しましたが、住んでみての良い所&悪い所&雑感。

良いところ
広州市内の日本人や外国人が多いエリアに住むケースが多いので、
その場合、交通の便が良し(バス地下鉄タクシー)、美味しいレストラン多い、ショッピングモールやスーパーも沢山あるので買い物便利。
駐在員の場合は会社負担・会社の補助で、広い部屋だったり高層階に住めることが多い。
(基本的にマンションの作りは、日本のマンションより大きい作りなので部屋数が少ない場合でも広々としている。)
南国広州なので、マンションにはプールがあることが多いので夏の時期、子連れには嬉しい。
マンション内の設備は各々色々で、ジムやコートがあったり、プールも屋内屋外、
設備が住民は無料か有料(でも大体安い)等々。
幼稚園が敷地内にあり、住民は優先入園できるというところも。(金亜花園、凱旋新世界等)

悪いところ
設備の故障修理が多い。大体修理の窓口になってくれる担当の方がいるので、お願いすればすぐに対応してもらえるが、
何度も修理に来てもなかなか治らない、というようなこともしばしば。(海外だと割り切ってのんびりいきましょう・・

天河区のマンションは築年数の割になんだかぼろいことが多い。この辺のマンションは、所謂高級マンションなのだけど、あまり期待しすぎるとがっかりということも・・・。
日本のマンションのように、造り付収納が少ない。棚などを置いて収納することになる。
また、細かいところまで気の効いた設計の日本のマンションと違って、行き当たりばったりに設計された感があり、どうもキッチンなど使いにくいことも多い。
南国なのでしょうがないのだけど、どうしてもゴキブリがでる。マンション全体・そしてそのエリア全体の問題なので、自力で撲滅させるのは不可能かと。対策は部屋の中に入ってこられないように隙間をふさぐこととか。そして出てきたら徹底的にやっつける(⁉)

マンション決めるポイントになりそうなのは、
子連れの場合、行こうと思って居る学校のバスが止まるか、学校からの距離はどのくらいか、旦那様の勤務先からの距離、バス停地下鉄駅への近さ。
買い物関連だと、スーパー、市場が近くにあるか。でも広州出はなんでも宅配も可能なので、近くになくてもどうにかなることも。
赤ちゃん連れの場合、電車やバスは混んでいたり大変なこともあるので、慣れてしまえばタクシー移動が便利。
マンションの入り口でタクシーを呼んでもらえて、そこからすぐ乗れると便利かもしれない。
修理故障が多いかないかは、実際住んでみないとわからないことが多いので、運の部分も?
間違いがないと思われるのは、直近で日本人が(ある程度の期間)住んで居たところであれば、基本的なことはクリアされている可能性が高いかも(?)

参考:※広州子連れ生活で本当に役立ったモノ

広州の学校(日本人学校・インターナショナルスクール)について。

広州の交通事情について。

赴任時に日本から持ってくる物について。


「広州のマンション 良い所&悪い所」への2件のフィードバック

  1. こんにちは、西安在住の物でぺキチンと言います。マンションの設備が壊れることが多かったり、修理の人をよんでも治らないことがあったり、いろいろ共感して読ませていただいています。広州に行くこともあるので、情報を調べるのに使わせていただきます。ありがとうございます。

    1. ぺキチン様、はじめまして。コメントありがとうございます。マンションの故障・修理などは中国国内どこも同じなのですね・・。西安はいつか行ってみたいと思っていますので、ブログじっくり読ませていただきますね。広州には歴史的な物が少ないので羨ましいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です