广州花园:世界的庭園の建設計画

広州は、フラワーシティーと呼ばれるほど年間通して様々な花が咲き乱れる都市だけども、

それを代表するような世界クラスの庭園がなかったことから、建設計画に至ったということ。

白雲山の南門、雲台花園、麓湖の周辺辺りの151.6ヘクタールの敷地に建設予定で、

カナダのブッチャートガーデンや、オランダのキューケンホフ公園といった世界的に有名な公園を目指すという。

新しい観光施設目指すだけでなく、草花の研究施設としても期待されているとのこと。

https://mp.weixin.qq.com/s/63zUIsZhY5Zw5qVhNDnDiQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です