広州総領事館より:新型コロナウイルス関連情報(商店・飲食店等におけるトラブルについて)新型コロナウイルス関連情報(商店・飲食店等におけるトラブルについて)

1 最近,広州市内において,外国籍者に対する一部の市民の感情が悪化していると思われる事例がみられます。商店や飲食店では,外国籍者という理由により,入店やサービス提供を拒否されたという事例が報告されています。日常生活において,このようなトラブルに遭遇する可能性がありますので十分ご注意下さい。

2 中国政府関係機関等に対し,外国籍者への公平・適切な応対及び改善をお願いしており,広州市政府も対応に当たっておりますが,外出の際,不用意な言動等により,不測の事態に巻き込まれることのないようご注意下さい。

3 在留邦人の皆様におかれましては,念のため,以下ご留意の上,ご自身の安全確保に十分ご注意下さい。
(1)現地の法令を遵守し,言動や態度に注意する。
(2)1人での夜間外出を控える。
(3)日本語で大声で話したり,日本人同士で集団で騒ぐ等の目立った刺激的な行為を避ける。
(4)外出の際,周囲の状況に十分注意を払う。

○在広州日本国総領事館○
(市外局番020)-8334-3009(代表)
(市外局番020)-8501-5005(代表)
ホームページ:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/

領事・査証業務窓口取扱時間
パスポート・証明・戸籍手続き等(日本人) : 土曜日、日曜日、休館日を除く 8:45-12:00 13:45-17:00
訪日ビザ : 土曜日、日曜日、休館日を除く 8:45-12:00 13:45-15:00

※在留届を提出し,当館の管轄外に住所を移した方は,ryouji2@ko.mofa.go.jp まで,氏名,旅券番号,おおよその異動日をご記入の上,ご連絡をお願いします。
※たびレジに登録されている方でメールが不要な方は,ご自身での登録の変更をお願いいたします。https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

広州総領事館より:新型コロナウイルス関連情報(当館管轄地域における日本等からの入国者に対する感染対策措置強化について)

現在,当館管轄地域(広東省,福建省,海南省,広西チワン族自治区)では,日本を含む外国からの入国者に対して検疫強化を実施しています。
現時点で当館が把握している本措置の概要は以下の通りですが,実際の運用により変更が生じる可能性がございますので,ご注意ください。
これから当館管轄地域に戻られる方や訪問予定の方は,居住地や公寓(アパートメント)によっては,各都市の感染症防止抑制措置の一環として,市外から戻ってきた方を対象に,14日間の自宅隔離などの個別の措置を行っている場合がありますので,それぞれのホテル,公寓(アパートメント)の対応を確認するなど,関連情報の入手に努めていただきますようお願いいたします。

○広東省
広東省は3月5日から,日本,韓国,イタリア,イランの4カ国に過去14日以内に訪問滞在歴があり,広東省の空港,港湾,陸上入国ゲートで入国するすべての者は国籍を問わず14日間隔離することを決定。また,8日以降,核酸検査を一律実施することを決定し,加えて,13日0時から検疫強化措置対象国を25カ国へ拡大(注:3月12日に空港関係者から入手した情報)。
※検疫強化措置対象国:日本,韓国,イタリア,イラン,フランス,ドイツ,スペイン,シンガポール,米国,クウェート,バーレーン,タイ,英国,オーストラリア,スイス,マレーシア,ノルウェー,カナダ,イラク,アラブ首長国連邦,ベトナム,オーストリア,スウェーデン,フィンランド,ロシア

1 3月11日の時点では,入国者は,空港,港湾,陸上入国ゲートでの体温検査後,居住区ごとに当局が手配した車両で当局指定の施設(ホテル等)に移動し,核酸検査が行われる。その後,検査結果が出るまで指定施設で待機し(数時間から2日間程度),検査結果が陰性の場合のみ自宅待機(14日間)を行う。検査結果が陽性の場合,指定病院等で集中的医学的観察や治療がなされる。自宅隔離期間中は,毎日の体温検査などの医学的観察が行われる。
2 当局指定の隔離施設(ホテル等)や病院へは、政府手配のバス等で移動し,その経費は原則として中国政府が負担するが,地域の判断により,ホテル代が自己負担となったケースも報告されている。
3 自宅(隔離)医学観察を行う場合,家族等同居者も同じ日数の(隔離)医学観察を受ける。


○福建省
・福州長楽空港
 1 到着するすべての乗客に対して,航空機到着後,検疫官による検温を実施し,発熱など新型コロナウイルスに感染した疑いのある乗客は医療機関へ搬送され,その他の乗客は一旦,空港近くのホテルに向かう。
 2 (1)企業勤務者は所属会社が所在する区や鎮が指定する施設へ,(2)企業勤務者ではなく,福州に居住している方(住所を有する方)は自宅がある区か鎮が指定する施設へ,(3)企業勤務者でもなく福州にも居住していない方は空港のホテル等当局が指定する施設へ行き,14日間の集中医学観察を受ける必要がある。
なお,その期間中の外出は一切禁止される。
 3 上記2の措置に関する費用は中国当局が負担する。なお,通訳が必要な場合は,区や鎮の当局が対応する。


・アモイ高崎空港
 1 アモイ空港に到着したすべての日本・韓国便の乗客は,機内で検疫官による検温検査を受ける。
 2 検温検査後,専用のターン・テーブルで消毒済みの預け荷物を受け取り,空港側の手配した専用バスで空港近くの厦門空港伯翔花園酒店(Xiamen Airport Baixiang Garden Hotel)に向かう。
(乗り継ぎ客は,検疫検査後,その他利用客との接触を避けるよう指定動線で空港内ラウンジに案内される。)
 3 厦門空港伯翔花園酒店でコロナウイルス感染の検査を行い,陰性の場合は同ホテルで24時間待機の後,解放される。
(陽性の場合は指定病院に搬送される。)

○在広州日本国総領事館○
(市外局番020)-8334-3009(代表)
(市外局番020)-8501-5005(代表)
ホームページ:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/

領事・査証業務窓口取扱時間
パスポート・証明・戸籍手続き等(日本人) : 土曜日、日曜日、休館日を除く 8:45-12:00 13:45-17:00
訪日ビザ : 土曜日、日曜日、休館日を除く 8:45-12:00 13:45-15:00

※在留届を提出し,当館の管轄外に住所を移した方は,ryouji2@ko.mofa.go.jp まで,氏名,旅券番号,おおよその異動日をご記入の上,ご連絡をお願いします。
※たびレジに登録されている方でメールが不要な方は,ご自身での登録の変更をお願いいたします。https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

広州総領事館より:日本人の中国訪問15日以内査証免除措置の一部暫定停止

●3月9日,中国外交部から,在中華人民共和国日本国大使館に対し,以下の連絡がありました。
・現在の感染症の状況にかんがみ,中国側は3月10日午前0時(中国時間)から,日本人が,(1)旅行,(2)友人訪問,(3)トランジット,のいずれかの目的で中国に入国する場合,滞在日数が15日以内であれば査証を免除するという措置を暫定停止する。停止措置の終了時期は別途通知する。
・他方,日本人の(1)ビジネス及び(2)親族訪問目的の中国訪問については,引き続き査証免除が適用されるが,当事者が入国する際に,中国国内の招待側が7日以内に発行した書類の原本を提示する必要がある。当該書類には,当事者の氏名,中国国内の連絡人及び連絡方法が含まれていなければならない。

●なお,現在,中国の複数の省・市等において,日本などから来た渡航者に対し,14日間の自宅観察又は医学隔離観察を求める措置がとられています。これから中国に戻られる予定の方・訪問予定の方は,中国当局の発表に留意いただくとともに,お住まいのマンションやホテル等に対し,具体的にどのような措置を講じているかなどを確認するなど,情報収集に努めるとともに,適切に対応して下さい。 

○在広州日本国総領事館○
(市外局番020)-8334-3009(代表)
(市外局番020)-8501-5005(代表)
ホームページ:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/

領事・査証業務窓口取扱時間
パスポート・証明・戸籍手続き等(日本人) : 土曜日、日曜日、休館日を除く 8:45-12:00 13:45-17:00
訪日ビザ : 土曜日、日曜日、休館日を除く 8:45-12:00 13:45-15:00

※在留届を提出し,当館の管轄外に住所を移した方は,ryouji2@ko.mofa.go.jp まで,氏名,旅券番号,おおよその異動日をご記入の上,ご連絡をお願いします。
※たびレジに登録されている方でメールが不要な方は,ご自身での登録の変更をお願いいたします。https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/