広州生活必須アプリ① Wechat微信

意外にも(?)中国国内のインターネット環境は日本より進んでいる?!と思う今日この頃。

(インターネットの速度は遅く、VPNがないとつながらないサイトは多くてそこは非常に不便!!)

広州生活を送る上で、だんだんと中国のアプリを使用するようになり、本当に暮らしが便利に!

おすすめアプリ②は、百度地図。
まず絶対に絶対に必要で使用頻度が高いアプリは、

Wechat (微信 ウェイシン)

Lineの中国版で、誰と連絡をとるのにもまずWechat。

お友達同士のやりとりだけでなく、学校の先生やスタッフ、マンションの管理会社の人、中国語の先生などとも、Wechatで連絡を取り合うのが普通。

(フォーマルな連絡では、やはりEmailもまだ使われているかな・・)

Wechatのもうひとつ便利な機能が、Wechat moneyとう電子マネー決済機能

銀行口座と紐づけしておくと、バーコードをスキャンするだけで様々なお店でサクッと支払いが可能!

最近は、有名コーヒーチェーンもWechat上でギフトカードをやりとりできる機能を追加させてたり。

“微信支付”のマークがあるお店、かなり多くよほどの個人商店とかでない限り、大体どこでも支払い可能!

引っ越ししたての頃は、中国元での現金払い、どれがいくらだかさっと見分けられずにもモタモタ・・・が、今は電子マネーさっとお会計できてとても便利~。

みなさん大体は、安全の為にインターネット支払い用の銀行口座を追加で一つ作っている様子。

外国人が銀行口座を作るのって大変そう・・・というイメージがあったけど意外と簡単~。

私は中国語ができないので、マンションの担当者のかたについて来てもらって通訳をお願いしました。(笑)

あとは、wechatの「モーメンツ」というのがFacebook的な感じで、写真付きでこんなところいきました~こんなもの食べました~とかみんなシェアしていて、いいね!ボタンみたいなのがあったり。

それから、企業とか団体が公式Wechatアカウントをもっていて、フォローすると最新情報が流れてきたりして、こちらもとても便利。よくあるのが、レストランやお店に行くと「Wechatフォローしてくれたら割引あり」というサービス。

そんな感じで、とにかくみんな使っているWechat。LINE, What’s app等々色々同じようなアプリは多々あって、各国でどのアプリがメジャーなのか割れているという話らしいけども、中国国内でここまで浸透しているということは、おそらく世界シェアはwechatがナンバー1?

ちなみに日本国内でももちろんWechatは普通に使用可能。
友達が何人か登録してくれたけど、最初のトップ画面の地球の画像が怪しくて、最初登録するのかなり躊躇した・・という声も。(笑)何を隠そう私も同じことを思ったかな・・・(笑)

広州のWi-fi環境・5G?についてはこちら

中国のVPN規制問題についてはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です