香港で日本食材の買い物

広州在住日本人(とたぶん諸外国の人も)の心のオアシス、香港!

電車で約2時間、サクッと香港で本土には売ってないショッピング・日本食材買い出しして、美味しいレストランでご飯食べて、香港観光して・・・3日間の連休、土日だけ、下手すれば日帰りでも楽しめてしまう香港。

広州から行き方は色々あるようだけど、一番楽なのは恐らく広州東駅から香港のホンハムまでの直通列車。
指定席で、特等席か1等にしておけばまわりも落ち着いているし席も広くて安心。食堂車もあるらしく、ゆっくりご飯を食べる人もいるとか。
新幹線みたいに、飲み物や軽食もカートで売りに来てくれるけど・・・、正直食事はかなりローカルな感じのものが多いので・・・。車内で食事簡単にしたい時は、事前に持ち込みがいいのかもと。

香港で日本食材を買いやすいのは、ホンハムに近いワンポワ(黄埔)のイオン
地下にある食品売り場は日本のスーパーそのもので、中国国内に比べるとかなり安い値段で、食品食材の種類も多く色々買うことができるので、
ここぞとばかりに爆買い!フードコートもあるし、他にも雑貨屋さんとかもあるので、ここは日本?という感じ。
ホンハムから割と近いので、帰りの電車に乗る前に最後に買い物して、ホンハムに移動のパターン。
たしか地上階にはおもちゃやさんみたいなのもあったし、上の方の階には子供のプレイグラウンドみたいいなのもある様子。
次言った時は行ってみようかなーと。
ただこのあたり、タクシーがちょっと捕まえにくいイメージ。ワンポワのあたりも、小さいけどおいしいお店も色々あるみたいなので、いつもぎりぎり時間なくなってしまうけど散策してみたいエリア。

後は、時間もあまりないしあまり沢山の量は買わないけど、必要な食材だけサクッとイオンで買い物したいという場合は、
尖沙咀のネイザンロード沿いにあるThe Oneというショッピングビルの地下にも、小さめのイオンはいっているのでこちらでもOK。
日本の洋服屋さんもたくさんあって、美味しいレストランも色々入っているのでとても便利!

香港島側で過ごす予定の時は、香港の駐在員家族が沢山住んでいるエリア・太古のアピタとイオンという選択も!
地下鉄で、セントラル・コーズウェイベイあたりからも直通でとても行きやすい場所。
こちらのアピタも、ここは日本か?!と錯覚を起こすような充実っぷり。黄埔のイオンに比べるとちょっと品揃えは少ないかな?というような印象。でもお米の種類とか、調味料お菓子等々十分すぎるくらいの品揃え。じっくり見てたらあっという間に時間が無くなってしまう・・!

参考:香港島側でおすすめのホテルはこちら。

ハーバーセンターのシティースーパーとかも日本食材も買えるので、他の買い物ついでに行きたい時はこちらも便利。
でも日本食材沢山、いろんな種類から選びたい時は、やっぱり日系スーパーまで足をのばすのがよさそう。

香港でも日本のものはとても人気があるらしく、そごうもイオンもローカルのお客さんからすごく支持を得ているのをヒシヒシと感じて、ちょっと誇りにおもう日本品質。化粧品の広告とかも、香港では日本の俳優さんがそのままでてたり・・。日本文化そのまま愛されている感じがして嬉しい。

ちなみにちなみに広州のイオンは、イオンだけどだけど・・・結局は中国人向けのローカルスーパーに毛が生えたくらいのレベル。
お店のおばちゃんたちは、日本のイオンと同じ制服きているけど・・・、お会計の後ちゃんとおじぎしてくれているけど・・・

参考:広州のイオンについてはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です