広州から香港空港-新たな琶洲ルートでわずか2時間!

琶洲-香港-マカオ旅客港プロジェクト(または「琶洲旅客ターミナル」)が、正式に5月26日の朝に開始されたということ。

広州市内中心部に位置し、広東、香港、マカオのグレーターベイエリアの新たな重要な交通ハブとなりそうです。

琶洲と香港国際空港の間を約2時間で運行、琶洲で出入国審査後、すぐに香港に到着して国際線に乗ることが可能。 片道200-300元とのこと。

ターミナルでは、2021年に琶洲-香港国際空港の往復ルートが開通し、高速旅客船2隻が本格的に操業する予定。 2024年から2031年までの期間で、輸送能力は徐々に強化される予定。

初期段階では、1日に4回の往復(それぞれ午前2時と午後2往復)、中期的には、ターミナルは1日に6回の往復予定。

プロジェクトの第1フェーズには3億5800万元が投資され、主な建設にはターミナルバースと仮設共同検査棟の両方が含まれる。

敷地は越江中路の北側にあり、広州国際会議展示場と琶洲橋に隣接している。

現在、広州と香港国際空港の間の交通手段は5つ。国境を越えるバス、列車による広州-九龍、広州-深セン高速鉄道、広州-深セン-香港高速鉄道リンク、水上輸送です。

https://mp.weixin.qq.com/s/VoLH7JT_gZdc7tnBDBK3LQ

デジタル人民元いよいよ

下の限られた地域でのみ、いよいよデジタル人民元のトライアルが始まるということ。アリペイやwechat payとは違って、現金と同じようにオフラインでも使用できるという。2022年冬期北京オリンピックでの使用も検討されているとか

  • 深圳
  • 蘇州
  • 成都
  • 河北省の雄安新区

銀行口座から「電子ウォレット」に送金や預金ができ、スマホ使用しての非接触での支払いが可能ということ。

また、中国の銀行口座の開設をしなくともこのデジタル通貨を使用できるという。

紙幣や硬貨の人民元は廃止されるというわけではなく、デジタル通貨と共に当面は使用が可能ということ。

〈参考記事〉

広州子連れ生活で本当に役立ったモノ

広州の学校について(日本人学校・インター・他)
広州の治安について
広州についての情報収集について※広州の気候・服装について

4/27から広州地下鉄と白雲空港で体温確認と穗康码/粤康码が必須に

4/27から、広州地下鉄と広州白雲空港で体温確認と穗康码/粤康码が必須になるとのこと。

※粤康码の登録について

このプログラムで、赤の場合はコロナウィルス感染が疑われる状態、青の場合は通常の健康状態、緑の場合はウィルスの感染リスクが低い状態 ということ。

赤の場合、もしくは体温が高い場合には、地下鉄や空港の利用ができないということ。

https://mp.weixin.qq.com/s/2naWUlwBbfMFtHtcp4AMww

〈参考記事〉

広州子連れ生活で本当に役立ったモノ

広州の学校について(日本人学校・インター・他)
広州の治安について
広州についての情報収集について※広州の気候・服装について