広州総領事館より:新型コロナウィルス関連情報(広州市による新型コロナウイルス感染予防措置の強化に向けた通告の発表について)

新型コロナウィルス関連情報(広州市による新型コロナウイルス感染予防措置の強化に向けた通告の発表について)

7日,広州市の新型コロナウイルス感染による肺炎の予防作業指揮部は,公式ホームページ上で感染予防措置の強化に向けた通告(通告第3号)を発表したところ,仮訳は次の通りです。

広州市、新型コロナウイルス感染による肺炎の予防作業指揮部、各居住区・村における予防コントロール措置の強化に向けた通告(第3号)(2020年2月7日 15時15分)

新型コロナウイルス感染防止・コントロールの取り組みを全力で推し進め,市民の皆様の生命・身体の安全を保障し、また公共の利益を守るため、「中国感染症予防法」「中国突発事態対応法」等の法規則、広東省の「重大かつ突発的な公共衛生案件1級」警報に基づき、以下のことを通告します。

1 市民の皆様は自ら感染予防の措置をとってください。
「こまめに手を洗う」、「他人の家を訪問しない」、「集まらない」、「会食をしない」、「公共の場でマスク着用を徹底する」ことなどが具体的な指導内容です。
コミュニティや住居、その他の室内で行う文化・娯楽的な人の集まる場所は一律閉鎖します。

2 すべての居住区(村・コミュニティ)で「封閉管理」措置を実施します。
具体的には、人や車両の出入りを管理すること及び、居住区に関係のない業者、住人、使用人及びそれらの車両の進入を制限すること(宅配員や出前配達業者、およびその車両も制限対象)を強化します。
宅配員や出前配達業者は、配達物を居住区管理者が指定した場所に置き、利用者は指定場所に行き受け取ってください。
各居住区の入り口には体調検査地点を設け、住人は身分証を提示して出入りすることとします。
検査地点で37.3度以上の体温があった者については、(管理者は)作業要領に基づいて状況を処理しなければなりません。
対象者は医学観察等に積極的に協力し、速やかに居住区の委員会等へ報告しなければなりません。

3 市外から広州市へ入った者は、その日のうちに報告してください。
すべての人は、新たに当市へ入った日に速やかに「穂康」というWechat公式ページプログラムで申告するか、所属機関・職場および居住区委員会へ報告してください。
重点感染確認区域(当館注:湖北省を指すと思われる)への旅行歴や健康状況を隠ぺいし、感染病を広州市内に持ち込んだ者は、法律に基づいて責任を問われます。

4 現時点でなお重点感染確認区域に滞在している者は、重大かつ突発的な公共衛生案件1級警報が解除されるまで、広州市内へ戻ってくることは認められません。
(許可なく戻ってきた)公務員は、紀律検査機関から責任を問われることとなります。
広州市へ入った者のうち、重点感染確認区域への旅行歴がありながら広州へ入った者は、ポイント制広州戸籍取得資格を3年間無効とします。
また、ポイント制の賃貸住居の借り入れ、居住資格を失います。

5 約14日間以内に重点感染確認区域から広州に入った者は、自宅か隔離施設で健康観察期間を設けなければならず、その間の外出は認められません。
自宅が健康観察の条件を満たさない場合には、各地に設けられた指定施設(ホテル等)にて隔離され、健康観察を受けます。
14日経過後、健康上の問題が確認されなければ、健康観察は解除されます。
発熱、咳や息切れなどの症状が見られる場合には、速やかに居住区委員会へ報告してください。
その後、居住区委員会職員の指導の下、感染予防措置を取り、最寄りの発熱外来を受診してください。
虚偽の報告や、報告の遅延は厳禁とします。
重点感染確認区域への旅行歴や健康観察期間を隠ぺいし、勝手に隔離場所を離れた場合、法に基づき、集中隔離の措置をとることとします。
隔離・健康観察を拒否し、感染病を広州市内に持ち込んだ者は、法律に基づいて責任を問われます。

6 自宅待機及び隔離措置を受けている者に対しては、「八つの1」目標に基づく管理と適切な配慮がなされます。
すなわち、街や村の委員会は、自宅待機及び隔離措置を受けている者に対して、健康管理をサポートし、適切な配慮もってサービスを提供してください。
「八つの1」とは;①自宅待機・隔離場所の入り口には、そのことを掲示する;②待機・隔離場所にそれを示す告知書を送付する;③居住区の1名を連絡先担当者として確定する;④体温計;⑤マスク;⑥体温測定票;⑦ペン;⑧ガイドブックを送付すること、を意味します。
隔離措置を受けている者の生活ごみは、屋内で袋詰め・密閉し、毎日居住区指定時間に住居外スペースに置いてください。
居住区管理者はそのゴミを処理した後、消毒を実施し、その後その他の住民のごみ収集を開始してください。

7 企業や職場、賃貸物件の家主は、管理者として上記の感染予防措置に責任を負います。
重点感染確認区域から広州に入り、入居している者がいることを報告しなかった管理者、隔離観察規定を満たさなかった管理者、報告を怠った管理者、政府および居住区のこうした感染予防措置に適切に協力しなかった管理者は、法に基づいて責任を追及されます。

すべての市民と、当市への来訪者は国、省、市の感染症予防・コントロールに関する規定に基づき、感染症予防・コントロールを徹底しなければならなりません。感染症予防・コントロールの規定に反した者は、法律に基づいて厳格に責任を追及されます。

広州市 新型コロナウイルス感染による肺炎の予防作業指揮部
2020年2月7日

(参考)
通告第3号(中国語:広州市衛生健康委員会ホームページ)
http://wjw.gz.gov.cn/xxgk/tzgg/content/post_5655772.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です