広州で中国初のブロックチェーン開発パイロットゾーンを設置

広州では、工業情報省から国で最初のブロックチェーン開発パイロット実証ゾーンの建設が承認されており、今後数年間で市のブロックチェーン技術と産業の開発を加速するとのこと。

中国南部の大都市は、主要なソフトウェア産業のハブとして、ブロックチェーン技術と産業の発展のための具体的な対策を導入した(5月29日、市政府による声明)。

「広州は、ブロックチェーンの革新と開発を促進する努力を惜しまず、ブロックチェーンをコアテクノロジーの独立した革新の重要な突破口として捉え、革新と応用産業における国内のブロックチェーン産業クラスターへの都市の構築に努めます。

市内の主要企業は、ブロックチェーン技術を開発し、金融、情報、インテリジェント製造、サプライチェーン、生物医学、科学研究、ロジスティクス、知的財産、産業インターネット、および関連業界と統合するよう奨励および指導されます。 彼らのサプライチェーン技術とデジタル変革をさらにアップグレードすると声明は述べた。

「広州は、ダイナミックな科学研究の雰囲気、豊富な人材、強力な経済開発の勢いを持っているため、広東-香港-マカオ大湾岸地域の新しく主要なブロックチェーン技術および産業の中心地になるという大きな利点があります。 」

広州はブロックチェーン技術と伝統経済の様々な分野の深い統合を継続的に強化し、都市の高品質な経済発展のための新しいエンジンを構築したということ。

広州はブロックチェーン技術と産業の開発において、アリババ、テンセント、JD、バイドゥを含む主要なインターネットおよびテクノロジー企業との協力を拡大したと声明は付け加えた。

公式統計によると、広州はこれまでに、主に政府の管理、金融、生物医学、人々の生活、製造業に関与する400以上のブロックチェーン企業を登録している。

https://mp.weixin.qq.com/s/oTGH1Y4rJh3w2svuBdr1xA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です