在広州総領事館より: 春節(旧正月)を迎えるにあたっての注意事項

【ポイント】
○例年,春節前後は治安が悪化する傾向にあります。被害に遭わないよう十分ご注意ください。

○お酒の飲み過ぎに注意してください。過去には邦人の死亡例も報告されています。

【本文】
1.例年,中国の春節(旧正月)休暇(本年は2月15日(木)~21日(水))前後は,強盗やひったくりが発生するなど,治安が悪化する傾向にあります。また,この期間中は大量の人の移動があることから,空港や鉄道駅など,人の多く集まる場所においてスリ,置き引きなどの窃盗犯罪が多発する傾向にありますので,被害に遭わないよう十分ご注意ください。

2.お酒の飲み過ぎに注意してください。中国では度数の強い白酒で乾杯を繰り返す例が度々見られますが,本人の酒量,体調によっては重大な結果に至る可能性があり,過去には邦人の死亡例も報告されています(短期滞在者や着任直後で中国の習慣にまだ慣れない方は,特に注意が必要です)。この時期は普段にも増してお酒を飲む機会が増えますので,無理は禁物です。また,酔った状態では,犯罪被害に遭う可能性も高くなりますので,ご注意ください。

3.賭博や風俗などに対する取り締まりが強化されていますので,引き続きご注意ください。

※在留届を提出し,当館の管轄外に住所を移した方は,ryouji2@ko.mofa.go.jpまで,氏名,旅券番号,おおよその異動日をご記入の上,ご連絡をお願いします。※たびレジに登録されている方でメールが不要な方は,ご自身での登録の変更をお願いいたします。https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

○在広州日本国総領事館
(市外局番020)-8334-3009(代表)
(市外局番020)-8501-5005(代表)
ホームページ:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です